笑顔の人

生活習慣を整えよう

医薬品

日本人の患者数が多い生活習慣病のひとつが、糖尿病です。生活習慣から発生してしまう、2型の糖尿病は生活習慣の見直しにサプリメントの助けを取り入れることでより効果を期待できる可能性があります。

詳しくはコチラ

健康診断に怯えない

野菜

近年、健康診断でコレステロールが基準値を上回ってしまう方が少なくありません。コレステロールを下げるのに有効と言われる成分は数種類ありますので、うまく取り入れながらコレステロールの正常値を目指してください。

詳しくはコチラ

自然治癒力を上げる

笑顔の女性

疲れた体を癒すマッサージの中でも、リラクゼーション効果が高いと言われているのがリフレです。撫でるような柔らかい施術で、血の巡りを良くしてあげることで全身の免疫力向上に繋がります。

詳しくはコチラ

疲れにくい身体をつくる

サプリ

身体の内側から疲れを取るために、有効な栄養成分というものもあります。人は主に肝臓が、疲労へ働きかける機能を担っています。そのため、肝臓へよい働きをする栄養素を取り入れることが疲労回復に繋がるといわれています。まず、疲労回復成分としてよく名前が挙がるのが、クエン酸です。梅干しやレモンに含まれる酸っぱい成分で、酸化物質に働きかけて疲労の原因からエネルギー源へと変えてくれます。次によく耳にするのが、アミノ酸です。お肉や魚などに含まれる成分で、酸化物質からダメージを受けた細胞を元気にする機能をもっています。あまり耳慣れない成分としては、イミダペプチドと呼ばれる成分でアミノ酸と同じくお肉や魚などに含まれています。この成分は、疲れの元となる酸化物質を破壊してくれる機能を持っています。この、クエン酸、アミノ酸、イミダペプチドが疲労回復のための3大成分であると言えます。これらの栄養素をバランスよく、かつ効率的に摂取できていれば、疲れにくい身体、疲れてもすぐに回復できる身体を目指せるのです。しかし、毎日の食事でこれらの栄養素を常に気にかけて、成分を無駄にしない調理法を考えてとなるととても大変です。バランスの取れた食事を取ることは大前提ですが、サプリを利用することによって簡単に効率よく疲労回復成分を摂取できるのです。疲れ切ってから栄養剤を大量に摂取するよりも、毎日適量で穏やかに効かせる方が体にとっても負担が掛かりにくくてよいでしょう。また、持病を抱えている方やほかに薬などを飲んでいる方は医師に相談して問題ないことを確認することも重要です。サプリの摂取目安を守り、継続することで疲労に強い身体を手に入れてください。